読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAROさんの驚き桃の木雨あられ

日頃の関心事、辛口論評やエッセイ。

Amazon Fireタブレットで映画や音楽+Google Play。

Kindleで有名なアマゾンはFireタブレットというアンドロイドとほぼ同等の機能をもったアマゾン独自のタブレットを3機種販売している、昨今そのうちの二機種を家族と自分の為に購入。

Fire(5世代) と Fire8 HD(6世代) 違いはバッテリーや画面の大きささらにコスパだ、もう1つ大きなことがあまり書かれていないが新世代ではミラキャスト機能が不可であることだ。これは次のハテナに書くがある意味致命的でアマゾン縛りであろうか。 ところでCPUは最近は8つのCPUといったらいいかオクタコアが主流になりつつあるが アマゾンFireは未だ4つの演算機能をもったクアッドコア、しかしクアッドコアでもまだまだ十分速いし、果たしてオクタコアになって何をするのかと思うほどである。近い将来確実にVRや3Dという画像の世界は大衆化することは分っているので流れには逆らえまい。

ところで話を戻すけれど、アマゾンのFireはとにかく速いと感じる。

アマゾンのプライムビデオはまだ作品数はドコモのDTVには遠く及ばないが、その明瞭な動画は感嘆をかくせない。 DVDよりも美しいブルーレイは高くて買えないのでネットでの高画質化はうれしい。Amazonのプライム会員であれば4000円レベルでってもいいタブレットを持てるのだ。

しかしFireタブレットGoogle Playは基本的になく、アマゾン独自のアプリストアというダウンロードサイトをアプリケーションのDLでは使うのが原則だ。

しかしながらアンドロイドタブレットからの乗り換え組みとなると、圧倒的にアプリ数の多いGoogle Playは手放せない。メカ好きやITに慣れている人になら、なんとGoogle Playをインストールることも出来ると聞いてやってみた。 ROOT化も必要なく開発者モードも不必要で、やってみるとほどなく完了でき、Fireタブレットが最強のアンドロイドタブレットにもなるのである。 当然故障などがあれば自己責任の操作にはなるが、4000円でのチャレンジと腹をくくってTRY。 上手くインストール出来2台(正確には3台)ともGoogle Play搭載タブレットとして機能している。ちなみにAndroid的には5.1.1だ。

f:id:asknom:20170225122716p:plain

 

 

 

映画やドラマ三昧という生活

ネットでの映画やドラマ三昧という生活も楽しい。 

TV番組の時代は終わりを告げてしまったかのようだ。

家でも家族がTVをつけている時間は皆が年齢をいけばいくほど日に日に減っていて、NHKニュースや天気予報以外まるっと視聴しなくなった。

いや LIFEは録画してみているかなあ。イヤイヤ僕はみない。

みないと時代から取り残されている強迫観念もない時代はいいものだ、昭和TV時代であれば「昨日のテレビのアノ番組、面白かったねえ」という会話で湧いたものだがそれもない。

もしかしたら一人身で単身赴任などしていたら寂しくて見るかなと仮定してみても、やはり見ないだろう。

今はネットでスマホタブレットを用いて自分で気にいったものの視聴選択ができる時代になっている。 ツタヤにDVDレンタルもしにかなくてもいい時代にもなった。

大画面時代到来したのに、あららこれまでのTV番組時代の終焉と言うのもなんとも皮肉だ。家では52インチと液晶TVで、20年前には想像できなかった大きさの画面で視聴している。

手前みそで恐縮だけれど、実は僕自身ホームシアターにも傾倒したことがあって20年以上前には自宅で100インチ画面でDVDレンタルをして映画やジブリ作品などをみていた。 第二次ホームシアターの走りだ。第一次は音響と決め付けている。

当時、映画館のように投影するプロジェクターというもが市販されはじめていて、そのすばらしさに感嘆し、6畳和室全部を視聴部屋にし側面いっぱいに真白いガラスコート製の幕を下ろし、それに投影し、5.1チャンネルのアンプで拡声し映画館になったあって見ていた。ホームシアターの走りのため、プロジェクターは当時高価なものだったが、高価だけに大衆化までにはいかず売れないものを、安値で売っておりそれを購入、

それでも少しは高かった。 今ではプロジェクターは企業向けで家庭向けにはあまり普及していないが随分安くなっている。それでももう買うほどのものではなく、十分低価格で品質の良い大型液晶テレビが普及したからだ。 プラズマ画面のものも一時メインで売り出されていたが液晶の低価格化や技術の進化で今は液晶でどこまで大きくできるかというところだろうか。 もっと薄い、ELという映像素子も開発されてはいるが次の世代だろう。

誰でもが家で映画館のような雰囲気で視聴できるのはとてもすばらしい、もっとすばらしいのは ホンモノの映画館が家の傍に沢山建設されているのも映画好きには◎だろう。イオンシネマとかCINEXとか沢山できておりアメニティもいいので新作で見たいものはとてもいい。 

 

ところで、昨年ドラマで 釣りバカ日誌をやっていたので、

今は「釣りバカ日誌の映画版の1作」から見ているが、ハマちゃんの奥さん役の

石田エリさんが 途中から あの子はどこの子~~の 浅田美代子さんに代わって

はじめ違和感がったけど 慣れてくるとカワイイ奥さんにみえて来る いいですねえ。

f:id:asknom:20170223231353p:plain

 

 

 

パソコンの大衆化は終わったのだろうか。

パソコンの大衆化は終わったのだろうか。これを語る前に、僕のコンピュータとの関わりを話したらおおよその日本のPC大衆化への歴史がわかるだろう。

パソコンは中学を卒業する頃、15歳?1970年後半・・NECのPC8001とかSHARPのMZシリーズなどその前には現アップル社のAPPLEⅡという製品、日立のベーシックマスターなど、僕が高校生時代上がるころにはマニア的存在だったと記憶している、 科学雑誌の通販で、僕はベーシックマスターを勝ってに買ってしまい、親に叱られクーリングオフで返品した覚えがある。 25万円ほどした。

それから1977年、大学に進学してからほとんどパソコンはしなかった、昭和では52年で、その4年後1981年に社会人として就職したのが、何を考えてか法学なのにコンピュータソフトウエアの大手へ~だったが、社内にはパソコンは当時ほとんどなく、ワープロ全盛時代だった。

沖電気OASYSなどそれとNECのパソコンに一太郎というワープロソフトをFDからインストールしてワープロをしていたものだ。花子という図形ソフトもあったかな、1986年ぐらいになる当時はインターネットなどなくKDDなどの国際通信システムや、アメリカのDBの権利を販売する会社に転職し他から、再度マニアックなパソコンメカやシステムソフトが好きになっていった覚えがある。

IBMメインフレームの基本ソフトの日本企業のSPY時間などがあった頃。

IBMの5550などが企業で普及し始めた。 

f:id:asknom:20170223013656g:plain

まだまだ高値の花のPCで企業が取り入れはじめ単体で使っていた。

1990年に発売されたマイクロソフトWINDOWS3.0が パソコンの歴史を大きく大衆化へと導いた。画期的な製品でGUI EUI つまり 描画機能もカラーとなり、ユーザーが使いやすい直感的なOSを搭載したパソコンの登場となった、とわいえアップル社の機能的にはコピーだった・・・が、アップル社のアップル(現在への流れのMACの先祖)などはアップル社しか製造していずとても高かったので、このウインドウズ搭載PCは瞬く間に世界的なブームにもなったのだ。

この1990年を境にBG AGと業界では密かに言われている

Beforeゲイツ Afterゲイツ だ、 ==> ゲイツとはビルゲイツのことを指し パソコン革命だった。

・・・ 続く

 

旧式タブレットの活用余命を延ばす!?

所持しているMediaPAD7Youth2の場合:

タブレットはWIN10モバイル版であれアンドロイド版であれメーカー品であってもなくても、其々の基本OS上でアプリケーションが動きそれにメーカーが搭載したハードウエアのインターフェイスに依存しますね。

CPU性能、RAMやROM ジャイロGPSセンサーそれにブルートウースやWiFiなどの通信機能や外部端子等の拡張性、たとえばUSBであったりHDMIであったり。 カメラや小型スピーカーなどの装備もみのがせません。

僕は随分前・・・(3年ほど前)に購入した HUAWAIIの2014年発売のアンドロイド・タブレットのMediaPAD7Youth2なのですが、メモリー512MB 内部ストレージが4GBという小ささのものなのです=>アンドロイドの4.3ベース。

しかし、これでは最近のゲームなどは内部ストレージが既にほかアプリによって4GBに入りきれないものが多くて、タブレットとしてできることは限られてしまいます。

MicroSDモリーを挿入しダウンロードし入れても基本的に内部ストレージ上のアプリケーションでないと動いてくれないものも多くあって困りました。つまりは内部ストレージ容量不足なのです。 現在では16GBは当たり前で32GB 64GBというのが出ていますね。

そこでこの旧式タブレットの改造に挑戦しました。

アンドロイドを開発者モードにし、ルート化してLinK2SDというソフトをインストール、maicroSDメモリー16GBにパーティションext3という拡張フォーマットとして数GBを仕切りした結果=仮想内部ストレージメモリーとしてシュミレートできるようにしました。

結果、オリジナルの内部ストレージ4GBの内のアプリケーションやデータを通常不可能なSDメモリー(外部ストレージ)にどんどん移動できてかつ、認識できるため(全部ではありません)に、さらにこのタブレットの活用余命がグーンとのびました。 パソコンなどに弱い人はしないほうが良いでしょう。

これで、ワサコレS というゲームなどが出来たり、SideBOOKSでパソコンをWiFiで接続してPDFの電子書籍をよむことができるようになりました。

f:id:asknom:20170222001957p:plain

続いて、アマゾンFIREのアンドロイドを化挑戦!?

 

 

 

 

 

「見ざる聞かざる言わざる」が今こそいい理由。

「見ざる聞かざる言わざる」ということわざは、「自分に都合の悪いこと、人の欠点や過ちなどは、見ない、聞かない、言わないのが良い」という意味だと。英語では「see no evil, hear no evil, speak no evil」evilとは邪悪なとかいう意味。 SNS(FBやツイッターやLINEやブログも広義には含む)の良い点は救急時に薄い関係のリンクの友人などへ発信して救助をもとめたり、介助をもとめ人命に役立ったと評価されるくニュースになる。

また文才があるけれど人前ではしゃべれなかった人が 文字では雄弁だったりする門戸を開いたのは副産物としてはとても有用だ。

アメリカでは大統領がツイッターで自身の思いを語ったりするが、それでもかならず官房長官などは目を通しての発信であろうか。 

SNS世界はインターネット時代 世代を通して使用されて数年がたつが、一般的な個人が利用する場合は友人とのコミュニケーションの不具合、思い違い、大局観を表現できない文字などの弱点が露呈したりすることも多く、なんというか すべては 中ぐらいのようかったね的な予定調和になりやすい。つまい イイネ文化になっており イイネでない仲が悪いと除外される世界でもあろう。また犯罪の中ではよく ツイッターが炎上したり本人を攻撃だったりストーカー的な通信であったり、成りすましも平気でできる世界である。 最後の「なりすまし」も簡単にできることから、事件に発展する温床でもあろう、おそらくやまさに今一瞬のうちに 本当に 「あなたが」 発信しているのか? 誰も保証しないし そもそも あなたが お金を支払って運用しているSNS機関ではないので 何かトラブルが発生したところで ネットの機関は知ったことではない 自己責任 というに違いない。

そんな悪い点を包含している世界でもあるので「見ざる 聞かざる 言わざる」つまり SNSの情報を使わない(見ない)、聞かない、そして 他のことを言わないのが いいのかもしれないと思うことがある。

f:id:asknom:20170216020315j:plain

若い世代に今この傾向が最近でてきていると言う、メール程度でほとんどはネットはニュースや交通間情報などヤフーぐらいの収集ぐらいにし 個人的なことはリアルな世界で動き、読み、知る。

たかが数年しか歴史的に使われていないツールは いろんな意味で今後の使用方法 遣われ方が変っていくに違いない。

 

 

本の電子化・断捨離?続取繋でmicroSDカードへ

512GBのMicroSDカードを以前買ってあったのだが、それにPDF化された本を全部入れつつある。いったい何冊入るだろうか。「断捨離」していない。反対語の「続取繋」ぞくしゅけいだ。・・・廃物利用などといって鉛筆を数センチになるまで育った世代で本への愛着でなかなか捨てられません。せいぜいリサイクルかな。ところで、今は東京のマンション住まい、ネット時代に入ってからかなり本自体を読まない、買わなくなった。それでも買えば収納場所が一戸建てより遥かに少ない。ので雑誌をコーヒーショップなどで読むぐらいになった=押入れとか6畳にしても江戸間でないので小さく本やらCDやらの収納に困るものね。書庫でもあれば別だが、蔵書などいまどきないね。ほとんど捨てても生きていけるので本来なら本棚などおけば一挙に空間が狭くなるからだ。

f:id:asknom:20170210183738j:plain

僕の本の種類は小説など文芸作品は極端に少なくて事典やらノウハウ本、コンピュータ系の実用本や図鑑などが多くを占めるので分厚くて大きいサイズも結構多いのです。

一番困るのは「楽譜」なのですが こればかりはPDF化していません。例外。

引っ越してくるまでは レンタル倉庫を借りていて、引越す際に(よくあるコンテナ)倉庫から廃棄をしがてら 本の いる いらない を分けました。それでも子供の本も各々の本棚にいっぱいでして、彼らに聞くと やはり漫画などもすてられないらしいので・・・と、自分の本もあわせて近場の「本の電子化」(流行はじめていた)でPDF化をしました。大量のダンボールだった。 

出来上がりはPDF(DVDで)がどさっと送られてきてそれをパソコンのハードディスクにせっせと入れていましたが、

ここ最近アマゾンのKINDLEや 書籍をタブレットで読むアプリやスマホで読む技術もメモリーも格段に安く進歩しているのをみて 過去の書籍を、整理しこれからも読めるものは 保存して再読みたしたいいう衝動にかられている。

即行動! ・・・・

僕のipadは初代で遅くダメ 本当は 新しいipadがいいですがね、高価。

試しにウインドウズタブレットでまずは 読もうと。 

それから アマゾンの Fire タブレット購入するかもしれません。

 

本の整理も一苦労。

 

 

 

 

文化財返還としての仏像返還問題。を思う。

世界ではペストが流行し多くの人がなくなった14世紀のこと。

韓国の仏像返還についてここ数年、何かにつけて話題になっているけれど、その頃に製作された仏像を略奪したということで、窃盗盗団は正しい行為かのようになって結果的に返還しなくてよい? 14世紀は西暦1301年から西暦1400年 鎌倉時代後期から室町時代の初期(南北朝時代の全期間を含む)にあたる。

仮に盗まれたものだったとしても・・・一般的には 今更もっていかがなものかと思う、ある人の言うように現代法でいうなら窃盗行為についての罪は現実的だ。

700年も前のものでも、今、他国によって保管されてきた仏像は自国のものだということを主張しており裁判も合法と認めているのか。

世界各国をみわたせば特にヨーロッパや中東なども戦争や紛争は耐えない世紀でもあって、それらの今からみれば文化財などは献納もあろうし略奪や窃盗などもあったに違いなく それが今、各国の美術館や博物館に安置され、私達がその品々から歴史を学べるのだ。ルーブル博物館はどうなのメトロポリタンはスミソニアの所蔵のものしかり。

しかしながら 「文化財返還問題」はいろいろと論議されているので、本来ならば

窃盗は罪として断罪し、分けて考え 文化財の認定であれば2010年、エジプトを中心に中国、韓国、ギリシャなど21の国の代表がカイロで「文化財保護と返還のための国際会議」を開き、略奪文化財の返還を団結して求めていく姿勢になっているので 国際的見地からみれば 過去の文化財についてどうすべきかを 決めていくしかなかろう。