TAROさんの驚き桃の木雨あられ

日頃の関心事、辛口論評やエッセイ。

FBというコミュニティとその先。

FBも利用の仕方によってはよても有用だ。

60代下限の年齢の人は若年になればなるほどFBに入っていると

思うが 若年でも全くやらないという人も最近多い。

 

もしかしたら 日本人のシニアの溜まり場に将来なっていく可能性もあろう。

街のお医者さんの待合いに シニア以上の人がたむろするよう

にFBに集うというサイバー場の 溜まり場として、それも空間を越える

ただ リアルでなく文字が主体なので誤解を互いに招いてしまうような

ことも多くなるだろうし こと嫌いな人は 友人申請しないし よせつけない

空間なので 偏りのある空間でもあろう。

 

また 欧米人はやたらに家族の写真や動画をアップしたりしないという、

それはプライベートなものをアップしないのは犯罪への糸口になりかね

ないからだ という認識が社会にあって自然とそうなるらしいが、

こと私達は平気で赤ちゃんや 子供写真をアップしてしまう危機感のない

国民らしい。

また 守秘についても 本人の名前を書けとくるFB。

そんな 義務も なかろうに。

マイナンバーを 嫌がるけど FBなら気軽に本名を出すというもの

おかしい、米国ペンタゴンデータベースに情報管理される

マイナンバー制度のようなものだ。

そのうちに 溜まっている全世界の人のFBのDBをどう使うかを

検討し始めるだろう。

まあ お金の情報はリンクしていないのだが、人生100年をFBに

書き続けていれば その人の趣味趣向 友人関係 社会とのかかわりは 

すべて 分析されるのは 当然であろう そんな場が FBである。

 

FBの友人リンク=そこから誰もみれないかと言えばそうでなく 

大元のデータはすべて米にあるということを忘れがちで そのうちすべての

情報が握られているんだということも 頭の片隅においておきたいものだ。

僕は 立場的にそういったことはしないのでいいのですが。

 

グーグルもFBは 遭難などで 個人データを沢山収集の副産物で

有用 便利になっていくことは いいけれど おせっかいに なるのでは

いけない。

 

僕なんか毎日 今日は・・・の誕生日です とか

この人知り合いですか? とね。

 

ピンポイントで そのうち 僕は監視され どこに今いて 

何をしているか健康状態は? まで スマホで連動されるだろうね。 

個人データ流出はもはや 個人がしている といっても過言ではない。

 

両刃の剣である。