読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAROさんの驚き桃の木雨あられ

日頃の関心事、辛口論評やエッセイ。

彼の国からの防衛はできるのか

彼の国とは昨今ニュースになっている核実験を強行している

北朝鮮のこと。
核弾頭の実験爆発に「成功」 ミサイル搭載可能と発表。
なにやら恐い話であるし もう前近代的なことは止めて欲しいものだ。
北朝鮮をわが国が攻めいくことも侵略も皆無に近いし国が隣接しているわけ
でもなかろう。いったいどうしたのかわかりませんな。

日本の排他的経済水域までロケット飛ばして 危ない危ない。
中国や米国などがそれをやられたら すぐに反撃なのにね。

まあまあ 様子をみましょうってやっている。

きっとわが国はどこかの日本の大地の領土に ドンとロケットがおちて
被害が 出てから さあどうしよう~~って あわてて動き出すんじゃないか、
甘く見られている。 

そんな映画もこれまでみたことある。 
政府が右往左往と決定をしないで会議してばかりで動かない
そのうちに 彼の国のゲリラに政府が 占領されてしまう映画だ。

日本は軍拡しているだのと未だに中国にことあるごとに言われ
米国の安全保障を頼みに うごかないわが国である。 
そんあことで 有事に国民の安全を死守できるのだろうか。

今回のことがあると 関係国と連絡を密接にとりあって・・・
とよく 政府高官は言うが、そうしているうちに ドカン。では本末転倒だ。

どうすればいいか。
日本の防衛をしっかりとして うちこまれたミサイルが我国の
経済水域に入ったら打ち落とすべきだろうなあ